【怪しい?】ハタラクティブの求人の質は?ブラック企業を避ける方法

フリーターなどの学歴、職歴に自信がない人でも正社員になれると話題の就職、転職エージェントサービス、ハタラクティブ。

しかし、ハタラクティブの求人の質は良いのでしょうか?

このページでは、ハタラクティブの求人の質の良し悪しと、ブラック企業を避ける方法を解説していきます。

ハタラクティブの求人の質は良い?怪しいブラック企業はある?

ハタラクティブの求人の質は良い?怪しいブラック企業はある?

結論を言うと、ハタラクティブの求人の中には怪しいブラック求人もあります。

こんな口コミもあります。

 

また、ハタラクティブは未経験者や学歴、職歴に自信のない人(ニートやフリーター等)に特化している部分もあるため、ややブラック求人も多めになっている印象もあります。

 

しかし、どんな転職エージェントにもブラック求人はありますので、ブラックに入社してしまうリスクは当然あります。

 

どんな転職エージェントにもブラック求人はあります

大事なのは

 

「ブラック企業をどうやって避けるか?」

 

ということです。

そこで、ハタラクティブでブラック求人を避ける方法をご紹介したいと思います。

ここで解説する方法はハタラクティブ以外でももちろん使えるので、よく読んでみてください。

ハタラクティブで怪しいブラック求人を避ける方法

ハタラクティブで怪しいブラック求人を避ける方法

人によってブラック求人と思う基準が違うという部分もあるのですが、ここでは一般的にブラック企業になりやすい企業の特徴を3つあげます。

つまりこのブラックになりやすい特徴3つを持っている求人を避ければ、ブラック求人は避けられる可能性が高いということです。

怪しいブラックになりやすい企業①他社と商品の差別化ができていない

商品の差別化ができていないと、なぜブラック企業になりやすいかというと、価格競争になってしまうからです。

価格競争になると、人件費を削ったり、サービス残業でなんとか価格を落とそうという思考になってくるため、ブラックになりやすいのです。

扱っている商品が、「ん?これ他の会社の商品と何が違うんだ?」と感じる求人を見つけたら注意するようにしましょう。

怪しいブラックになりやすい企業②ビジネスモデルがフロー型

フロー型ってなんなんだ?って話なんですが、簡単に言うと、単発契約で仕事を請け負うビジネススタイルの会社です。

例えば、WEB制作会社や、不動産営業、美容室なんかが当てはまります。

毎月、時間の切り売りで売り上げをあげるスタイルのことですね。

こういったスタイルだと、毎月毎月頑張って働かなくてはいけなくなるので自然とノルマというものができてきます。

精神的にも肉体的にも辛くなりやすいのがフロー型の特徴です。

逆に、ストック型というビジネスモデルの会社が良いです。

例えば、通販の定期購入などを事業にしている会社であれば定期的に必ず買ってくれる人がいるのでそんなに頑張らなくても収益が毎月発生するのでホワイトになりやすいです。

怪しいブラックになりやすい企業②働かないと売り上げが上がらない

②に似ているのですが、働かないと売り上げがあがらない会社はブラックになりやすいです。

つまり、働いた時間と比例して売り上げが上がるというパターンの会社ですね。

働いた分だけ売り上げが上がるので、長時間労働に繋がりやすいというのがこの特徴がある企業の危険なところです。

3つのブラックの特徴が当てはまる企業を避けて欲しいと伝えよう

3つのブラックの特徴が当てはまる企業を避けて欲しいと伝えよう

この3つのブラック企業になりやすい特徴が当てはまる求人は避けて欲しいと担当のアドバイザーに伝えてみましょう。

そうすれば、ブラック求人避けられる可能性がグンと上がるはずです。

ハタラクティブの評判を詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。
ハタラクティブの評判を悪評含めて暴露【おすすめできない人とは?】